読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「太陽は動かない」吉田修一(書評)

太陽は動かない (幻冬舎文庫)

太陽は動かない (幻冬舎文庫)

    日中米を舞台にした長編の産業スパイ小説。ストーリーはありがちな感じながらよく練られてて面白いし、登場人物多いけどみんなキャラが立っててそれぞれが魅力的で、一気に読めた。

    それほど性描写の激しくない中で「コンドーム買っといて」って台詞とか「コンドームを外しながら…」って描写が妙に浮いてて、コンドームは何かの伏線に違いないと思って読み進めていくと%}{|>'+=%?];''=$!<;|"]<'€