読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「椿山課長の七日間」浅田次郎(書評)

椿山課長の七日間 (朝日文庫)

椿山課長の七日間 (朝日文庫)

    死後七日間だけ現世に戻ることを認められた主人公達。全く別の人間の姿で、正体を明かしてはならないという制約の下で、家族や同僚らに接するうちに彼らのホンネやヒミツに触れ…みたいな。

    軽いタッチで書かれているが、結構重たいテーマがあちこちに盛り込まれているのとストーリーがよく練られているのとで、短時間で読めたものの「サラッと読めた」という感じはしない。

    しかし、一連の近代中国モノと同じ人の作品とは思えない振れ幅だなあ浅田次郎