読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「群馬の逆襲 日本一“無名“な群馬県の「幸せ力」」木部克彦(書評)

群馬の逆襲 日本一“無名“な群馬県の「幸せ力」

群馬の逆襲 日本一“無名“な群馬県の「幸せ力」

「マイナー県の代表(らしい)」群馬の良いところをアピールするという趣旨の本。ただ、旨そうなものもよさげな場所もそれなりにあるのに全く掘り下げず内容が薄く、くだけた文章も何ら面白みがなくイラッとさせるレベル。単に自虐ネタに走ってるとしか思えず、それでいてクスリとさせることすらできていない。こんなの読むくらいなら、何でもかんでも素敵に盛りがちなるるぶの方がよっぽどいいや。