読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「私と踊って」恩田陸(書評)

私と踊って (新潮文庫)

私と踊って (新潮文庫)

    連作短編だと思って最後まで読んでからただの短編集だと判明。最後3分の1ぐらいはそれぞれの話をアタマん中で一生懸命繋げようとしてたのでえらく損した気分。自分の勝手な思い込みのせいでもあり、同じ人物が登場してきたりなんとなく流れに統一感があったりという構成のせいでもあり、やっぱり悪いのはアイツだ。