読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「新釈 蘭学事始」杉田玄白(書評)

 

新釈「蘭学事始」―現代語ですらすら読める

新釈「蘭学事始」―現代語ですらすら読める

 

 

    江戸中期の医者&蘭学者杉田玄白の死に際のエッセイ「蘭学事始」が軽いタッチの現代語に訳されている。(後書きによると、読みやすくするために一部省略や順序入れ替えもあり、「ダイジェスト」と言うべきとのこと)

    自身が関わった蘭医学書翻訳プロジェクト「解体新書」に係る苦労話の他、当時の蘭学者達が物理的制度的な制約の中で細い糸を手繰るように西洋の意識を吸収し、かつ普及に努めた様子が軽いタッチで伝わってくる。

    一番興味深かったのは、玄白の人物や時代背景等に触れた訳者後書き。