読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ビジネスマンへの歌舞伎案内」成毛眞(書評)

    敷居が高そうに見える歌舞伎をロックフェスや子供の運動会になぞらえ、「いろんな楽しみ方があるよ」「そもそも全部理解する必要はないのだよ」と言葉巧みに誘いかけてくる。

「楽しそうだな」と思わせる箇所と「流石に無理があるだろ」とツッコむ箇所と両方あるが、読み終えて「一度観に行ってみようかな」という気にはさせられた。ただ成毛氏は人に物を薦めるのに長けていて、彼の書評に惹かれて読み始めて途中で投げ出した本も多いので少し割引く必要有。

「ビジネスに役立つけどそれを目的にしている間は役に立たない」には禿同