読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「蒼き狼」井上靖(書評)

 

蒼き狼 (新潮文庫)

蒼き狼 (新潮文庫)

 

 

一代で強大なモンゴル帝国を築き上げたチンギスハンの一生。

 

    誕生からモンゴルを統一するあたりまでは、出生の謎や家の没落&巻返し等ワクワクさせられる。が、その後南へ西へと版図拡大していくところは、戦闘シーンが殆どないのと当時の地名(特に西アジア)に馴染みがないせいで、知らぬ間にアジアの殆どが征服されていた感じ。戦いよりも複数の妻や大勢の兄弟との関係を中心とした彼の心情的な部分に焦点を当てていて、それはそれで読ませるのだが…

    巻頭の当時の地図を確認しながら読めばよかったと後悔。