読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「本能寺の変431年目の真実」明智憲三郎(書評)

 

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

 

 光秀が信長を討った本当の理由は何か。光秀の末裔?がこれまでの定説に潜む矛盾点を巧みに炙り出し、大胆な仮説を立て、時に鋭く時に強引にそれを立証していく。

「光秀は一時の感情で自我を失うような人物ではなかった→周到に計画し決行した」「用心深い信長が無防備だったのは不自然→とある人物の警戒を解く必要があった」「定説となっているストーリーは、秀吉の指示下で 纏められた記録がベース→秀吉に都合の悪い事実は消された」を考慮しつつ当時の資料を丁寧に紐解くと、エキセントリックな仮説がそれなりに納得性を帯びてくる。