読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「明治維新と幕臣 - 「ノンキャリア」の底力」門松秀樹(書評)

薩長を中心とした明治政府のメンバーは天下国家は語れても国レベルの行政経験&ノウハウがなく、そこを埋めたのは江戸幕府の官僚組織(特に下級の役人、所謂「ノンキャリ」)で、新政府が混乱少なくスタートを切れたのは彼らが優秀で勤勉だったからとの分析。


面白い視点だし確かにその通りかもしれないが、掘り下げた説明(というか史実)がそれほど面白くはなかった&前政権の無形資産を上手く取り込んだ新政府の手際こそ評価すべきではと感じた。背表紙読んで満足しておけばよかったw