読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「韓国人による恥韓論」シンシアリー(書評)

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

    韓国人による自国批判ブログの書籍化。民族固有の価値観・思考とか最近の国家としての言動について「恥ずかしい」「情けない」と嘆き、突飛な主張に対してロジカルに反論している。

    反日に絡む箇所は(日本人からすれば)そんなもんだろうという感じだが、「誰が相手かも分らない無差別で全方位的な序列意識」は想像を遥かに超えていて、反日に留まらず多方面に害を撒き散らし自らの首を絞めているようにも見える。

    日本贔屓の書ではあるが、(自国内での)少数派としての泣き言が多く読んでて気持ちのよいものではなかった。