読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ヒトラー演説 - 熱狂の真実」高田博行(書評)

 

ヒトラー演説 - 熱狂の真実 (中公新書)

ヒトラー演説 - 熱狂の真実 (中公新書)

 

   ヒトラーの「演説」に焦点を当て、①彼がその技量をどう高めていったか②内容や言い回しをどう変化させていったか③それに対するドイツ国民の反応はどう冷めていったかを混ぜこぜ解説。

 ①は想定内のエピソードばかりだし、②は単語や構文についての細かな分析だがこちらも特段目を引くような話はない。興味深いのは③で、現在の北朝鮮にも通じる独裁と情報統制の下で国民のシラケ・嘲りといった感情の記録が豊富なことに驚く。

 何より、作者の最後っ屁「どんなに技量的に優れた演説も話し手への信頼がなければ全く意味をなさない」が重い。