読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「わたしの神様」小島慶子(書評)

 

わたしの神様

わたしの神様

 

 

    元TBSアナ小島慶子が、まさに女子アナを中心としたTV局内の醜い争いをネタに小説家デビュー。

    同期アナ、先輩アナ、女性記者、その他女子社員それぞれがそれぞれとぶつかり、自分勝手な都合のよい主張をぶつけ合う女だらけの時間差バトルロイヤルがドロドロで楽しい。半沢直樹のいない半沢直樹シリーズ(いやーな感じの銀行員しか出てこない)みたいで、所謂「正しいやつ」がおらずスッキリしないかと思いきや、それぞれが自己中過ぎて寧ろスッキリ。「私にはブスの気持ちがわからない」という冒頭のキレのよさが最後まで続く。