読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「真実 新聞が警察に跪いた日」高田昌幸(書評)

 

 北海道警察の裏金問題を追及し続けた北海道新聞。一方的に書くだけでなく最後には裏金の存在を公式に認めさせ、その価値ある一連の報道は各方面から高い評価を受けた。本書は、その後の道警による訴訟、道新が敗訴に至るまでの経緯等を当時の担当デスクが綴ったもの。

 元々は、道警内部からの告発が地元の道新でなく朝日に持ち込まれたことへの反省から「権力の監視」という原点に立ち返ってのプロジェクトだったのが、上層部だけでなく現場の一部さえも権力側からのプレッシャーに屈してしまったというあんまりな結末。(元記者だけに読み応えは十分)