読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「海と毒薬」遠藤周作(書評)

 

新装版 海と毒薬 (講談社文庫)

新装版 海と毒薬 (講談社文庫)

 

  第二次大戦中の日本、肺の切除や血液代替液注入に係る致死ラインを確認するために米軍捕虜を生け贄にして行われた人体実験を題材にしたフィクション。関わった医師や医学生や看護師の心の内や、その背景にあるそれまでの人生の描写が暗く細かく淡々と続く。

 解説にもあったが事件に対する批判はあまり感じさせず、むしろ人間の持つ心の弱さとか残酷さとかそれらが共存する不気味さを楽しむ作品か。