読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「書棚と平台」柴野京子(書評)

 

書棚と平台―出版流通というメディア

書棚と平台―出版流通というメディア

 

  日本における出版流通の成り立ちと変遷。今で言う出版社、取次(卸)、書店、古本屋等の業態がどのように起こり交わって今に至るか、とても分かりにくくまとまっている。

 学術論文?なのでやむを得ない部分もあるが、本として出す以上、また本好きな人(たぶん)が書いてる以上、もう少しマシな書きぶりがあるのではないか。

 自分も世話になった千葉の書店チェーンが元は教科書卸だったとか、格式高いイメージの某老舗出版社が古本屋からスタートしたとか知れるのは楽しい。