読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「増税と政局・暗闘50年史」倉山満(書評)

    今回の消費税率UPを冒頭に、財務省(および旧大蔵省)と歴代政権が「増税」を巡りどのような化かし合いをしてきたか。

    週刊誌的なノリで書かれてる割には妙に説得力があり、真実かどうかはともかくあれってそーゆーことだったんだと思わせる箇所多数。財務省という組織の習性や歴代総理のキャラ分析も秀逸。

    しかし憲政学者とはいえ、40前後の奴が角栄とか大平とか語るのは違和感があるな。