読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「HHhH (プラハ、1942年)」ローラン・ビネ(書評)

HHhH (プラハ、1942年) (海外文学セレクション)

HHhH (プラハ、1942年) (海外文学セレクション)

    ユダヤ人大量虐殺の中心人物で「金髪の野獣」「ナチスで最も危険な男」と悪名をほしいままにしたナチ高官ハイドリヒ。前半は彼が組織の中をのし上がって行く様、後半は彼の殺害を命じられたチェコ人とスロバキア人のエージェント二人が彼に迫っていく様が史実にバカ正直に忠実に描かれている(作者談)。

    当時と作者の生きる現代を行ったり来たりする手法は正直読みづらく、またその必要性に疑問を感じつつも題材への興味に引きずられ読了。「大量虐殺」の一言では到底伝わらないその残虐性の描写と後半の息詰まる展開は圧巻だが、方々での絶賛は過大評価ではないか。