読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ドミノ倒し」貫井徳郎(書評)

ドミノ倒し

ドミノ倒し

    とある田舎町で起こった殺人事件に、おとぼけ探偵と赴任したての警察署長が解決に乗り出す。町の規模に比して未解決事件が多く、それらが微妙に関係がありそうでなかなか繋がらずといった状況に、探偵助手やらその元カレやら悪徳刑事やらが複雑に絡んで…

    最後の種明かしには既視感があったけどストーリー全体的には十分楽しめた。特にほとんどの登場人物にキャラが強く立っていて(それでいてクドくない)、台詞の一つ一つが楽しい。