読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「いのちの砂時計ー終末期医療はいま」共同通信社社会部(書評)

いのちの砂時計―終末期医療はいま (新潮文庫)

いのちの砂時計―終末期医療はいま (新潮文庫)

    終末医療に関わった医者や遺族の経験談を、共同通信が取材によりまとめたもの。

    この本に限って言えば、患者や家族は「徒に延命措置をとることは望まない」という考えが大勢であるのに対し、医者側の意見は二分されているようだ。

    それよりも、人が亡くなった話が延々と続くだけで正直辟易する。「考えさせられるテーマ」であることは読む前からわかってることなので、もっと踏み込んだ意見や提案がなされてもよかったのでは?