読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「「売り言葉」と「買い言葉」―心を動かすコピーの発想 」岡本欣也(書評)

    売り手(広告主)目線のコピーを「売り言葉」、買い手(消費者、ユーザー)目線のコピーを「買い言葉」と定義し、過去の有名作品について色々と分析、解説している。

    捻りの効いたコピーとかCMとか好きなんで、この類の本たまに読むのだけれど、どんなに講釈たれても結局は理屈なんかなくってセンスなんだって思えてならない。ただセンスを磨くため、よりよいコピーをひねり出すためにひたすらたくさん作るっていうのはなんとなく理解できる。

    この本で特に悲しかったのは(かなり有名な人みたいなんだけど)、講釈の中に時折混じる自作のコピーがどれもイマイチで1番出来の良いのが本書のタイトルであること。