読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「流星ひとつ」沢木耕太郎(書評)

流星ひとつ

流星ひとつ

    沢木耕太郎による引退発表直後の藤圭子への単独インタビュー(ニューオータニのBARでサシ飲み)が、彼女の自殺を機に30年以上の封印を解いて書籍化。

    冒頭のとっつきにくい感じから序々に心を開いていく様子が手に取るように伝わってくるのだが、インタビュアーとしての彼の力量によるものか、モテ男の為せる技なのか。どちらにせよ、話が進むほど「歌うこと以外全てに不器用」な女性だったんだなあとしみじみ感じた。

    また、彼が拘った会話分のみという手法は確かに斬新だが、自然過ぎて全く斬新に思えない。