読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて」佐藤優(書評)

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

    ノンキャリながら対露外交の中核を担い、いわゆる国策捜査鈴木宗男らとともに逮捕された佐藤優の手記。外交のダイナミズム、田中眞紀子外相更迭の裏側、国策捜査を明言する担当検事との丁々発止等読みどころ満載だが、全編を通して伝わってくる著者の信念の強さと頭のよさに敬服する。数日前に、大地から立候補との記事が出たがガセだったようだ。