読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 」福田ますみ(書評)

 

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)

でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)

 

 

  気に入らない教え子に暴力暴言を繰り返しPTSDにまで追い込んだ悪魔のような小学校教師。母親の訴えに学校は迅速に対応するもマスコミが嗅ぎつけ話は全国に拡がり、市を相手取った訴訟では五百人の大弁護団が結成され…

    タイトル通り親の話は全て嘘。変な人オーラ出まくりの母親の話を校長に始まり教育委員会、マスコミ、医者や弁護士までが鵜呑みにし、1人の気弱な教師が社会的抹殺直前まで一瞬にして追い込まれていく様が恐ろしい。「真実を見極める」というレベルでなく、ごく普通に考えて「嘘つけ」と言えない大人が多すぎることに絶句。