読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「黒南風の海」伊東潤(書評)

秀吉の二度に渡る朝鮮出兵を小説化。


先兵となった加藤清正の部隊を中心に、豊臣家中の勢力争い、大義なき戦略戦争に臨む兵士たちの心情、両国に明を加えた当時の複雑な外交バランス等といった要素を織り込みながら話は進む。清正はともかく三成や行長までもが秀吉を欺いてまで収束させようとしてて、誰も望まぬ戦いだったことがわかる。加えて清正の配下ながら訳あって敵方に降った沙也加(不知だったが実在の人物)の存在がよいアクセントとなっている。


マニアックな題材だが、それなりに資料もあり史実が相当に盛込まれてる印象の良作。