読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「清須会議」三谷幸喜(書評)

 

清須会議

清須会議

 

 

周りの評判があまり良くなかったのだが、題材の引力が強く結局読むことに。脚本ではわざとらしさが鼻に付くことも多い三谷幸喜だが、本作はそれが程よい読みやすさ。心理戦みたいな要素のあるこの題材との相性がよいのかも。タッチは軽く、デフォルメし過ぎだが、各登場人物の複雑に絡み合う思惑をうまく浮き上がらせていてこれはこれでありなんだと思う。