読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「新選組」手塚治虫(書評)

 

新選組

新選組

 

 

    架空の二人の若い剣士を主役にし、芹沢や近藤はあくまで脇役。史実を取り入れながらもメインのストーリーは完全なフィクション。

    作者自身はあとがきで「地味な作品」と評しているが、なかなか面白かったです。個性の強い新撰組の面々を差し置いて新たな登場人物を設定し、それらが十分にキャラ立ちしているのがすごい。一人でなく二人って言うのが意外に肝なの鴨。