読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ピストルと荊冠」角岡伸彦(書評)

大阪の行政や財界に絶大な影響力を誇った部落開放同盟の元支部長、小西邦彦の半生。後半、彼の羽振りがよくなり始めるあたりから、「三菱東京UFJ銀行」という名が繰り返し登場するよ。