読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「贖罪の奏鳴曲」中山七里(書評)

贖罪の奏鳴曲

贖罪の奏鳴曲

    保険金殺人容疑者の国選弁護人を引き受けた弁護士は、その稼ぎ方に起因するダーティーな評判に加え、幼女殺害で少年院に入っていた過去があった。それを強請っていたフリー記者が死体で発見され…

    ストーリーが面白いのに加え、最後のドンデン返しのクリーンヒット感が素晴らしい。このミス受賞作他過去の作品も読んでみたい。