読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「土漠の花」月村了衛(書評)

土漠の花

土漠の花

    ソマリアの海岸に墜落した戦闘機の探索と救援に向った自衛隊の一部隊のところへ助けを求め飛込んできた黒人の女。敵対する部族に家族を殺され自身も追われているその女を保護すべきか否かの議論の間もなく敵方の襲撃が始まり、隊員たちは否応なく戦闘の矢面に…

    武装して戦地に赴く以上「安全な場所で安全な作業だけ請け負う」なんて不可能だということを強く訴え掛けるストーリーで、集団的自衛権等について考えながら読むのが正しいのだろうが単なるアクションものとしても十分楽しめる。

    新開みたいなキャラはズルい、主人公が気の毒だ。