読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「キャパの十字架」沢木耕太郎(書評)

    戦場カメラマン、ロバート・キャパの「崩れ落ちる兵士」。敵の銃に撃たれた兵士が倒れる瞬間を捉えた一枚として、スペイン戦争の象徴的な一枚として、戦争写真の最高峰の一枚として、彼が一気に名声を高めた作品。

    後年その真贋について様々な憶測を呼びつつも誰も真相究明に至らないでいたが、沢木耕太郎深夜特急バリの粘り腰で真実に近づいていく。

    カメラの機種とか日付の整合性とか撮影の角度とかの細かな分析は正直読んでて苦痛だが、世界的な作品に対してかなり勇気のいる結論を堂々と述べているところは流石。